スタッフ徒然ブログ | ハウスクエア横浜
スマートフォン版で表示
HOME

ハウスクエア横浜 スタッフ徒然ブログ

消防士さんに教えてもらいました
2011年06月13日
先日、ハウスクエア横浜で防災訓練がありました。

いつも火災等が発生した設定で外に避難し
そのあと都筑消防署の方からワンポイントアドバイス
的なものがあります。

今回は、簡易的な担架の作り方と止血法について
教えていただきました。

まず担架の作り方。
用意するものは長いポール2本と毛布。
毛布の真ん中にポール1を置き、毛布を二つ折りにする。
その毛布の真ん中にポール2を置き、さらに毛布を二つ折りにする。
これで完成です。

担架で運ぶ時は、2人で同じ方向を向き、後ろの人がリーダーとなり
運ばれる人の顔は後ろの人の方にします。
何か変化があった時に分かるようにするためです。
降ろす時は前の人の足元から下げます。

それから止血方法。
一番簡単なのは、直接圧迫止血です。
傷口にガーゼやハンカチをあてて、強く圧迫して止血します。
この時に、感染症を防ぐために手にビニールなどを
した方がいいそうです。
コンビニのビニールとかでOKです。

傷口より心臓に近い止血点を圧迫して止血する
間接圧迫止血ですが、これは知識が必要だそうで、
知らずにやってしまうと逆にひどくなってしまう場合も
あるという事で素人はあまりやらない方がいいようです。

こういうのって、その場になったらきっとテンパると思うけど
このくらい簡単なら覚えてられるかも。

 
 

 

  

ページトップへ戻る