スタッフ徒然ブログ | ハウスクエア横浜
スマートフォン版で表示
HOME

ハウスクエア横浜 スタッフ徒然ブログ

今年は映画上映も。
2008年06月19日
今年もピンクリボンフェスタをやります、と以前お知らせしましたが、
その中のイベントの1つをご紹介。

「Mayu―ココロの星―」という映画の上映をします。
この映画知ってます?観たという方もいるかな??

21歳で乳がんになった女の子の実話に基づいたストーリーで
昨年公開されたのですが、このたびピンクリボン活動に取り組む
様々な団体で次々に自主上映をして啓発活動に役立てようという
リレー上映会というものが、ここ神奈川県を皮切りに始まる事に
なりました。

実は、今年のピンクリボンフェスタを企画している時に、
リレー上映会の事も知らず映画も観ていないながら、
この映画の上映が出来たらいいな~と個人的に考えていて、
DVD化されているなら上映出来るのかなどを調べていました。
が、そもそもDVD化されていないようで、どうしたらいいものかと
立ち止まっていました。
そしたらです。
今年も共催としてご協力いただく神奈川県予防医学協会の方から
このリレー上映会のお話をいただいたのです。
ものっすごいびっくりでした。

そして昨日、そのリレー上映会の出発点となる試写会があったので、
私も行ってきました。

私は昨日まで観た事がなかったので、20代の女の子が乳がんに
なった話だと、ハウスクエア横浜にご来場いただけるお客様は
30代~40代の方多いから、若干ずれがあったりターゲットが
限られてしまうかな~なんて思っていたのですが。。

全然そんな事ありませんでした。
家族や友人など自分を支えてくれる人の温かさだったり、
乳がんに限らず自分が病気になってしまった時に
どう立ち向かっていけばいいのかっていう事だったり、
病気じゃなくても人生には沢山困難な事があるわけで、
その時にどう乗り越えていけばいいのかっていう事だったり、
そんな事を感じる事が出来る作品だなぁと思いました。

いわゆるお涙頂戴系の、病気がテーマの重た~い感じの
映画ではないです。
年代も男女も関係なく、みなさんに勇気とかパワーとか
頑張る気持ちとかを与えてくれると思います。

観終わって、この映画をハウスクエア横浜で上映出来る事が
本当に嬉しいと思ったし、沢山の人に観てほしいと思いました。

よっしゃー頑張るぞーと1人ひそかにテンション上がって帰ってきました。
楽しみにしててくださいね。

ページトップへ戻る