HOME

お役立ち情報

リフォームの見積もり比較で失敗しないためのポイント

リフォーム検討する際に最も気になるのは、施工にかかる予算です。リフォームにかかる金額はどれくらいが妥当なのか、気になる方も多いはず。今回は、リフォームの見積もりで失敗しないためのポイントについて、ご紹介します。ポイントを押さえて、臨むようにしましょう。

まずは複数の業者から話を聞く

リフォームの金額に関しては、まず複数の業者に連絡し、見積もりをとります。複数の業者に見積もりをとることで、予算がどれくらいかかるかがある程度把握できるでしょう。

見積書では、何にいくらかかるのかがまとめて記載してあるので、項目ごとの費用の相場を把握することができます。項目がまとめられている場合は、その内訳の内容について、確認するようにしましょう。

費用の項目を合わせる

見積もりの出し方や項目は、業者によってさまざまです。ある会社は部屋やパーツごとに金額を出したり、ある会社は面積によって出すこともあります。

このままだと、複数の業者から見積もりをもらっても比較できません。そうならないために、見積もりの出し方や項目を統一してもらう必要があります。どこかの見積もりを参考に、面積、部屋数や人件費など、ベースにするものを統一した上で見積をもらうと比較しやすくなります。

必要な項目を選別する

項目を合わせて単純に金額だけを比較することができたら、次に必要な項目と不要な項目を選別しましょう。業者によっては、一括の金額を項目に合わせてバラバラに当てはめている場合もあります。必要な項目と不要な項目を取捨選択することができれば、無駄な出費を抑えて必要な金額だけを見積もる事ができます。

わからない項目は業者に確認し、必要がないと判断できる項目については削除してもらうといいでしょう。

実際に現場を見てもらう

リフォームでよくあるトラブルの原因として、見積もりを出す営業スタッフは現場を一切見ずに、現場は職人だけが見るというパターンがあります。この場合、実際にどんな状況でどんな施工をすべきなのか、どれくらい材料が必要かを判断できないので、正しい金額が割り出せません。

重要なのは、プロの目で状況を見てもらい、適切な施工を行ってもらう事です。現場を見ずに進めてしまうと、簡単にできる作業にとんでもない金額を取られてしまう可能性があります。現場に来てもらい、「どういった施工を行うことが適切か」を判断してもらいましょう。

比較の目安数

複数の業者から見積を取ったほうが金額の精度は上がりますが、あまりにも多すぎると逆に対応する手間ばかり増え、正確な選別ができなくなる可能性があります。

比較する業者の目安としては3社前後が適切です。まずは口コミや比較サイトなどで業者を選別し、安心して質の高い作業をしてくれる業者から3社程度を絞って見積もりをもらいましょう。

リフォームに関わる金額は一般の方ではわからないので、不明確な部分は聞くことが重要です。その際、親切丁寧に分かりやすく理解してくれる業者が、見積もりをとってみる価値がある業者と言えるのではないでしょうか。たくさんの業者から話を聞いて、悔いのないリフォームにしてください。

ページトップへ戻る