HOME

お役立ち情報

防犯カメラの設置について

防犯カメラの設置について

この数年、日本では防犯意識の高まりが見られ、防犯カメラの導入を検討する個人宅が増えてきています。また、以前と比較して防犯カメラの価格が安定し、導入ハードルが下がったことも、一般家庭の防犯カメラ設置が進んでいる要因の一つとなっています。

今回は、現在カメラ設置をお考えの方や、導入方法をご存じない方に向けて、防犯カメラに関する基本知識をご紹介したいと思います。

防犯カメラを設置する目的

防犯カメラを設置する最大の目的は「犯罪防止、犯罪動機の抑止」にあります。意外に知られていないことですが、泥棒や空き巣は家屋に侵入する際、必ず下見をします。

住人が留守にしている家を見かけたからといって、行き当たりばったりで盗みに入るということはないのです。泥棒が下見の際にチェックするのは、窓の位置や鍵の位置、足場や周囲からの見通しなどの「侵入のしやすさ」ですが、防犯対策の有無にも神経を尖らせます。

そんな慎重かつ小心な泥棒や空き巣にとって、防犯カメラは天敵ともいえる存在です。カメラが本物であれば、自分の姿を録画される危険性があるため、余程のことがない限り侵入しようとは考えません。また、ダミーの防犯カメラであっても、見かけた犯罪者は「この家は危ない」という心理が働き、足を遠ざける傾向があります。

さらに、有事の際、カメラの録画画像や動画が犯人特定の鍵となることも少なくありません。最近は、警備会社のシステムと接続できる機種などもあり、自前のカメラを利用することで、一般よりも安価な料金で、でホームセキュリティシステムを構築できるケースもあります。

基本的な防犯カメラの種類

一般家庭向けとして適しているのは、スタンダードな「箱型」「カプセル型」「ハウジング一体型(小型タイプ)」のものです。この形状のカメラは設置が比較的簡単で価格も安定しているので、一般向けに向いています。

また、個人宅・居住用マンションに設置可能なカメラには、以下のような種類があります。

・カラーカメラ・白黒カメラ

カラーの映像を映し出すカメラです。ただし、明かりのないところでは映像が出ないため、マンションなどへの設置が基本となります。

・デイナイトカメラ

周囲が明るい時はカラー映像を映し、周囲が暗くなると自動的に白黒映像に切り替わるカメラです。また、専用照明を内蔵しているタイプは、全く明かりがない場所の監視もできます。光量に左右されず、昼夜を問わず映像を映し出すため、屋外への設置が可能です。

・暗視カメラ

基本的に白黒の映像を映し出し、明かりがほとんどない場所でも撮影が可能です。

上記を見ていただければ分かる通り、カメラは種類によって長所・短所があり、設置場所に制限があるものも存在します。購入する場合は、設置場所や設置目的を明確にし、条件に適したものを選択するようにしましょう。

防犯カメラの設置場所

住宅に防犯カメラを設置する場合、屋外の敷地を囲むように取り付けるのが基本となります。門扉や玄関など、出入り口だけに取り付けるというイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、空き巣や泥棒は隣家から侵入したり、死角を見つけ出し、そこから侵入するケースが少なくありません。

そのため、玄関や勝手口、駐車場といった基本ポイントに設置するだけでなく、死角をなくすよう屋外を防犯カメラで囲み、さらに目につきやすいポジションにカメラを取り付け、侵入者を威嚇するのが効果的です

防犯カメラ設置のポイント

防犯カメラは目的や用途に合わせ、適した種類のものを選ぶことが大切です。以下に、防犯カメラを設置する際のポイントをまとめましたので、参考にしてみて下さい。

・有事の際の証拠能力に重点を置く

万が一に備え、防犯カメラ映像の質を優先させたい場合は、白黒よりもカラーカメラを選ぶのがおすすめです。

最近は、画素数の高いカラーカメラも多く登場していますので、画像の鮮明度もチェックすることをおすすめします。また、長時間の録画に対応しているか、暗い所でも録画ができる機能(暗視機能など)がついているか、といった点も確認しましょう。

・屋外の設置

敷地内、屋外にカメラを設置する場合は、防水タイプのカメラや、傘のような雨よけのついたタイプを選ぶといった、防水対策を行う必要があります。また、少ない光源でも撮影ができる暗視カメラ、デイナイトカメラなども検討しましょう。

ページトップへ戻る