HOME

お役立ち情報

住宅の防犯・セキュリティ事情

住宅の防犯・セキュリティ事情

戸建て住宅の防犯対策を考える場合、肝心なのは、敷地内への泥棒の侵入を許さないということです。そこでこのページでは、空き巣や泥棒が家屋への侵入を諦めたくなるような、住宅の防犯・セキュリティ対策についてご紹介したいと思います。

住宅の防犯で意識すべきポイント

空き巣や泥棒といった侵入盗犯は、一般人とは全く異なる独特の観察眼で住宅を下見し、獲物を定めると言われています。そこで一度、自分の家を「泥棒の視点」でチェックしてみましょう。そうすることで、侵入盗犯に狙われにくい住宅を作るための防犯ポイントが掴めるはずです。

1.見通しのよい住宅づくりを心がける

視線を遮る高い塀や、死角になりやすい植栽などがある家屋は、泥棒にとって格好の餌食となります。見通しの悪い家は、不審者が侵入しても発見しづらく、逃走経路も確保しやすいという特徴があります。

そのため、格子状のフェンスを採用する、植栽を低くするなど、住宅周辺の見通しがよくなるような防犯対策を行うことが肝心です。また、ベランダやバルコニーも死角ができやすいので要注意です。

侵入盗犯が侵入した際の対策を考えるよりも、被害を最小限に抑えることを念頭に、侵入が困難な住宅造りに注力した方が有意義です。

2.玄関ドアの対策

警視庁が侵入盗犯を対象に行った「空き巣聞き取り調査」によると、侵入にかかる時間が5分を超えると、空き巣犯の約7割が犯行を諦めるとされています。また、所要時間が10分を超えると、約9割が犯行を諦めるという結果も見られます。

つまり、空き巣や泥棒との侵入をかけた勝負は、最初の5分にかかっているという訳ですね。そこで重要となるのが、侵入口となる玄関ドアの防犯対策。容易にピッキングをされないシリンダー錠を導入する、ドアをこじ開けられないよう、開錠の困難な鎌付デッドボルトを採用するなどの対策を立てましょう。

3.窓の防犯対策

空き巣の侵入口として多く使われるのが「窓」です。床に接した掃き出し窓や、2階・3階の窓など、人間が侵入するのは厳しいと感じられる場所にある窓も、泥棒にとっては格好の侵入口。

防犯意識が低くなる分、こういった一見侵入しづらいように見える窓こそ、空き巣や泥棒にとっては格好の入り口となります。そのため、外出時には、どんな小さな窓にも鍵をかけるよう、細心の注意を払いましょう。

また、浴室やトイレなど人目につきにくい場所にある窓には、補助錠や面格子などを取り付け、容易に侵入できないよう対策を立てることも必要です。防犯性の高い合わせガラスの導入、ガラス面を強化する防犯フィルムを貼るなどの対策も効果的です。

4.防犯ステッカーをはる

防犯ステッカーは、空き巣や泥棒に対する防犯意識をアピールする効果があります。ただし、ステッカーに効力を持たせるには、泥棒に対し「防犯ステッカーがただのハッタリではない」と意識させることが重要になります。

そのため、テレビフォンや監視カメラ、センサーライトなどと併用し、泥棒に「見られている、対策されている」と感じさせることが重要となります。

5.センサーライトを設置する

空き巣が犯行を諦めた理由を調査すると、「センサーライトがついていたから」という項目が上位に上がります。人の動きを察知して、光や音で侵入者を威嚇するセンサーライトは、一般の方が想像する以上に防犯効果が高いアイテムです。

どんなに場数を踏んだ窃盗犯でも、センサーライトに反応されると動揺し、人の目に触れたのではないかと焦りを感じます。防犯ステッカーなどと併用すると、侵入者に住人の防犯意識の高さをより一層アピールできるのでおすすめです。

ページトップへ戻る