HOME

お役立ち情報

住宅展示場(モデルハウス)の見学ポイントについて

住宅の購入は、その後の人生を大きく左右する可能性がある大きな買い物です。失敗するわけにはいかないので、しっかりとポイントを把握しておく必要があります。

今回は、そんな住宅展示場のモデルハウスの見学ポイントについてご紹介します。

地図を必ず入手し、効率良く回る

住宅展示場では、一軒一軒まわっているととても一日では回りきれません。ただ見るだけならできますが、ハウスメーカーのスタッフと相談したり、部屋を一つずつ回ったりしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。

そうならないために、まずは受付で地図をもらって効率よく回るルートを決めることが重要です。当たり前のようですが、住宅展示場は「人生を左右する大事な場所」です。無駄なく、必要なモデルハウスをしっかり見学するために、まずは全体の地図を見て優先順位を決める必要があります。

営業スタッフの印象も大事

住宅展示場では、ハウスメーカーや工務店の営業スタッフが見学者にいろいろな情報を提供してくれます。もちろん、自社の商品(住宅)の営業を目的としているものですが、営業スタッフの真摯で親切丁寧な対応が理由で購入に踏み切ったという方も多くいます。

実際に家を建てるのはハウスメーカーや工務店ですし、契約してしまったらその後は人任せになってしまいます。住宅は人生最大の買い物ですので、信頼できるスタッフのいるメーカーに作ってもらいたいものですね。住宅展示場に行く際は、現場にいるスタッフの対応にも注目してみましょう。

構造や工法などの技術的な情報

家づくりに重要なのは、構造や工法です。専門分野なのでおろそかになりがちですが、住宅展示場では道具を使って分かりやすく説明してくれますので、しっかりチェックしておきましょう。

特に、基礎や床下、屋根裏など普段わからないことをハウスメーカーに確認しましょう。

土地に関する情報

注文住宅で家を建てる際は、土地も必要になります。多くの場合は不動産屋などで情報を集めますが、住宅展示場でも土地の情報を得ることができます。

まず必須なのが土地・建物を含めたトータルの予算、その他には土地柄や地質、周辺の施設に関しても必要な情報となります。家づくりと並行して土地選びもできれば、より効率良く家を建てることができるでしょう。

単体で決めつけずに、複合的に見る

住宅展示場の有効な活用方法は、ピンポイントで家を選ぶのではなく、いい部分や悪い部分を見比べることです。モデルハウスを参考にして、良い部分を取り入れた設計にすればいいのです。「自由設計」なら、より理想の家に近づけることができます。

メーカー独自のパーツや設計であれば、造り手(ハウスメーカーや工務店)を比較する素材にもなります。全てが満足いくとは限りませんので、良い部分、悪い部分をしっかり見極めて選ぶようにするといいでしょう。


多くの住宅購入者は、何度も展示場に足を運んで情報を集めています。これから住宅の購入を考えている方も、十分に時間をかけて最高のわが家を建ててください。

ページトップへ戻る