HOME

お役立ち情報

知っておくべき家づくりの流れ・スケジュール

住宅展示場に行く際には、家づくりの流れも把握しておきしょう。大まかな流れを理解しておくと、構造や工法を聞いたときに理解が深まり、見積もりを取った際にも、より精度の高い金額に近づけることができるのです。

ここでは、知っておくべき家づくりの流れ、スケジュールについて、ご紹介します。

土地の下調べ

家を建てるには、まず土地を理解する必要があります。

土地探しでまず決めるべきは、建てる場所です。都心部にするか郊外にするか、子育て環境や周辺の施設、最寄り駅、地価相場など自分のライフスタイルに合わせて条件を決め、絞っていきます。

条件内で複数候補があがったら、敷地面積を調べます。敷地の形状や、道路との距離、隣接する道路は私道か、公道かなどを調べるほか、水域を埋め立てた地域か、盛土による造成地かなども確認しておきましょう。

これらの調査は、市町村の図書館や古地図などで確認できることもあります。土地の地盤が軟弱な場合、沈下や隆起などトラブルに巻き込まれてしまう恐れがあります。

ヒアリングを繰り返す

土地の選定と同時に、不動産業者やハウスメーカー、工務店のスタッフと打ち合わせをします。その際、事前に希望を家族で話し合いまとめておき、自分が置かれている環境やライフスタイルについて徹底的に伝える必要があります。

家族構成、必要な部屋数、広さの希望、生活スタイルや仕事など、多岐にわたって打ち合わせをします。ここでの話が住宅建設のベースになるので、伝え忘れなどがないように十分に時間をかけて話をしましょう。

概算見積もりを取る

ヒアリングによってプランが出されたら、希望に沿っているかどうかを確認しつつ、問題なければ見積もりを出してもらいます。ヒアリングから概算見積もりを取るまでおよそ数週間程度の期間を要します。

見積もりと予算を比較し、問題なければ仮契約にて施工のスタート、要望があれば必ずこの段階で申しつけておきましょう。また、仮契約が締結できるまでに、住宅ローンを組む金融機関との融資の相談などが必要になります。

仮契約後に詳細な打ち合わせを行う

仮契約が締結したら、間取りやキッチン周り、お風呂周り、内装や外装といった詳細な打ち合わせを行います。打ち合わせは納得がいくまで何度も行い、図面に書き起こしていきます。

詳細な打ち合わせで家の内外のあらゆる部分の設計ができたら、正式な見積もりを出してもらいます。予算を越えていたら削らなければならず、予算を回せるのであればさらに施工に関する詳細な打ち合わせを行います。ここで設計が固まったら、本契約です。

住宅ローンを組む場合は、どの金融機関を利用するかもこのタイミングで決めておきましょう。また、このタイミングで建築確認申請を役所に提出します。審査を通ると着工が許可されます。申請はだいたい約2週間以上掛かります。

いざ、着工へ

上記のすべての手続きが終わり、住宅ローンも組むことができたら、着工になります。地盤が弱い場合は改良工事を行い、基礎づくり、上棟、そして完成へと続きます。だいたい、着工してから約3ヵ月~半年程度で引き渡しとなります。

その後、司法書士に依頼してマイホームの登記をしなければなりません。登記ができたら、ローンを毎月返していくだけです。ローンの返済開始と同時期に、新しい生活がスタートするのです。


以上が家づくりの主な流れになります。

煩わしい手続きなども多いのですが、人生の大きなイベントの一つです。しっかり確実に処理して新しい生活を迎えましょう。

ページトップへ戻る