HOME

お役立ち情報

住宅展示場(モデルハウス)に行く際、事前に確認・準備すべき項目

住宅展示場に行く際には、事前の準備がモノをいいます。しっかりと準備することで、より効率よく有意義な時間が過ごせるでしょう。今回は、そんな住宅展示場に行く際の事前の準備についてご紹介します。

事前に見たい工務店(ハウスメーカー)を絞っておく

住宅展示場では、複数のハウスメーカーのスタッフがモデルハウスを構えて呼び込みを行っています。一度話を聞くととても興味深く、いつの間にか時間が過ぎてしまう事が多いようです。

さらに、モデルハウスの内装を見ているだけでもイメージがどんどん膨らみ、あれもいいこれもいいと考えるようになり、いつの間にか必要な情報を聞きもらしてしまうケースがあります。

こうならないために、まずは事前に見たいハウスメーカーや工務店を抑えて、目星をつけておく必要があります。

もちろん、その場に行って外観やデザインに惹かれて購入するケースもありますが、事前に家の作り手である工務店やハウスメーカーの情報を調査し、優先順位をつけておくとスムーズにモデルハウス見学を進められるでしょう。

条件を整理し、質問や要望などをまとめておく

住宅展示場では、最新の優良な住宅が揃っているため、理想がどんどん膨らんでしまいます。そうなると、本来必要な情報を聞きそびれたり、現実的でない理想ばかりを追い求めたりしてしまいがちです。住宅展示場にあるいろいろな部屋の間取りや高さ、工法、構造など最低限聞かなければならない住まいの基本情報 は必ず押さましょう。

より家を建てるイメージをもつために、まずは敷地の規模や形状、家具の大きさや量を事前に把握して置く必要があります。土地の購入も考えている場合は、地価相場や勤務先までの距離などまでまとめておきましょう。さらに、購入条件として、「3階建ての家」や「2世帯住宅」さらには「輸入住宅」といったテーマを決めてから住宅展示場に行くとよいでしょう。

前提条件や聞きたいことを事前にまとめておき、必要な情報を確実に押さえられるよう準備しておきましょう。

土地の情報、準備すべき道具を把握しておく

事前に調べられる情報はある程度把握しておいた方が、ハウスメーカーや工務店のスタッフに相談する時にスムーズな会話ができます。

事前に調べられる情報としては、家を建てる土地の相場や周辺の施設や駅、さらに住宅ローンの借入限度額や生活の条件などです。

特に、土地の購入となると慎重に選ばなければなりません。事前に土地の情報を集めつつ、ハウスメーカーや工務店のスタッフと情報のすり合わせを行うくらいが丁度いいのです。

また、住宅展示場に行く際に欠かせない持ち物は、筆記用具、メジャー、カメラの3点です。部屋の間取りや長さを事細かに測り、家具をどうレイアウトするのかまで想定できるといいでしょう。


住宅展示場では、思わぬ出会いや情報が舞い込んでくる可能性があります。ノープランの状態で行ってしまうと、ただ「楽しかった」「いい家だった」などで終わってしまう場合があります。

しっかりと事前に情報をまとめておき、必要な情報だけを深く知ることができるような準備をしておきましょう。

ページトップへ戻る