HOME

お役立ち情報

意外と知らないハウスメーカーと工務店の違い

住宅展示場には、ハウスメーカーや工務店の営業スタッフがいますが、そもそもハウスメーカーと工務店とは一体どのような違いがあるのでしょうか。

ここではそれぞれの特徴や違いをご紹介します。住宅展示場に行く前には必ずチェックしておきましょう。

ハウスメーカーの主な仕事

ハウスメーカーの業務は、住宅のコンサルタントとしての仕事や、営業、または住宅の注文から設計、工事、現場管理まで一貫した家づくりです。

主な業務は、住宅展示場や見学会イベントなどでのお客様の対応です。昔は飛び込み営業をして新築の提案をしていましたが、最近ではそのような営業方法はあまり行われていなく、住宅展示場に来たお客様やネットで問い合わせてきたお客様に対して案内する営業をしています。

契約いただいたお客様と、どんな家にするか打ち合わせをして要望をヒアリングします。場合によっては、現場に出て作業計画を話したりすることもあります。しかし、現場での作業はハウスメーカーの仕事ではないので、あくまでお客様との折衝をする仕事になります。

ハウスメーカーの良いところは、モデルハウスをもっているため、建つ家のイメージがしやすい点、プランなどが決まっていることが多く、スムーズな対応が可能な点です。

工務店の主な仕事

工務店の主な業務は、「家を建てる」ことです。家を建てるには一人では決してできませんので、工務店のスタッフが現場に出て、汗を流して家を造るのです。

ただし、稀に営業スタッフがいる工務店もあります。工務店の営業スタッフは、お客様との折衝をし、見積もりの提出や契約と言った業務を行います。

工務店の良いところは家を造る技術を持っているので、よりクライアントの要望にあった提案ができることです。家を造る「ものづくり」寄りの営業を行い、クライアントからの要望に柔軟に対応することができるのです。

ハウスメーカーと工務店、どちらがいいの?

ハウスメーカーと工務店、同じようで違うこの業種は、一体どちらがいいのでしょうか。ここでは3つの観点でハウスメーカーと工務店を比較してみます。

①品質管理

まず品質の部分ですが、どのハウスメーカーも暮らしやすくトラブルのない家づくりに徹しており、安心できるでしょう。反対に工務店は、注文次第で柔軟に対応してくれるので、細かい要望があるのであれば工務店に相談してみることがおすすめです。

安定した家づくりに徹しているハウスメーカーと、さまざまな要望が実現できる工務店。どちらにもメリットがあります。

②工期

工期に関しては作る家によって大きく変わり、作り手の慣れや状況によっても違いがでます。ハウスメーカーが主に行っている工法は、プレハブ工法や2×4工法などがあり、どちらも時間を短縮することができます。

プレハブ工法は部材を工場などで生産し、現場に持ってきて組み立てる工法です。2×4工法は少ない工数で強固で頑丈な家を作る工法です。いずれにしても工期は短くなり、確かな品質を生み出せます。

反対に、工務店では木造軸組工法で建築することが多く、工期はプレハブ工法や2×4(ツーバイフォー)工法より長くなってしまいます。

工期を短くしたいならプレハブ工法や2×4工法を使っている事が多いハウスメーカー、じっくりと手間暇かけ、こだわって造りたい場合は工務店がおすすめです。

③プラン内容

まず、ハウスメーカーは家を商材として扱っています。ハウスメーカーが出すカタログでは分かりやすく家を紹介しており、住宅展示場にいるスタッフは親切丁寧に要望を聞いてくれます。

キッチンやトイレなど細かく規格化された商材になっているものを組み合わせることはできますが、肝心の家の造り手は、工務店に外注することが多いようです。

反対に、工務店はカタログなどに乗っていないような家や部品を0から作ることができます。従って、しっかりと打ち合わせをして、要望を伝えられれば、世界に二つとないオリジナルの家が造れるのです。

ページトップへ戻る