HOME

お役立ち情報

住宅展示場(モデルハウス)とは

郊外や地方でよく見られる住宅展示場。たくさんのモデルハウスが並んでおり、テーマパークにいるように楽しい時間を過ごすことができますが、本来、住宅展示場は住宅を建築する際に利用する住宅メーカーを比較検討するために訪れる場所です。

今回は、住宅展示場についてご紹介します。

住宅展示場とは

住宅展示場とは、まとまった敷地にいろいろなモデルハウスが立ち並び、写真や文字では伝わらない「住宅のありのままの姿」を体感することができる場所です。

たくさんのモデルハウスが展示されているので、一度に複数の家を比較検討することができて、品質、施工施術など多くの情報を集め、体験することができます。

住宅展示場に行くメリット

①最新住宅が一度に見ることができる

住宅展示場の各メーカーの住宅は、本物同様の作りになっており、高いクオリティの家を見ることができます。まとまった場所に複数展示されているので、一度にたくさんの家を比較することができ、効率よく時間をかけて家の隅々まで見て回る事ができます。

②実際に建物を見ることができる

実際の建物の構造を体験することができるので、カタログなどでは測れない情報や、想像していたものと実物の違いを把握できます。

例えば、段差が意外と高かったり、柱が気になったりと、実際に空間にいて初めて分かる事が多くあります。

家の購入を失敗しないためにも、モデルハウスに足を運ぶことは必須といえます。住宅展示場に行ってどういった家の構造が良いか、たくさんのモデルハウスを見てあらかじめ体感しておきましょう。

③間取りを実感できる

住宅展示場のモデルハウスは、ハウスメーカーがフルオプションで作っているものなので、一般的に建てるものとグレードは違いますが、その間取りは家を建てる際の参考になります。

「もしこの家で暮らしたら、どういう生活スタイルになるのだろう」と今後の生活を想定しながら複数の家を見ることができます。

④設備・素材に触れられる

カタログでは伝わらない、設備や素材に触れることができるのも、モデルハウスならではのメリットです。特に地盤や基礎、工法などをパネルや模型を使って説明している「構造展示」は非常に重要なチェックポイントです。

実際に足を運んで、細かい設備や素材を手で触って確認できることもメリットといえます。

⑤インテリアを見る

住宅展示場のモデルハウスは、フルオプション状態で展示されています。住宅展示場に行く際は、メジャーやデジカメ、電卓を持って行き、気になったインテリアや間取りを確認しておくとよいでしょう。

ピアノや大型のソファを設置する、ペットを飼うなど、それぞれ違ったライフスタイルがある中で、モデルハウスを元に生活を想定することができます。

⑥最新の住宅トレンドを確認する

住宅展示場に行くと、ハウスメーカーのスタッフが丁寧に案内してくれるので、多くの情報を聞き出すことができます。家の特徴や金額だけではなく、工法や設備、最新商品やトレンド情報を教えてくれるので、ネットやカタログよりもより多くの活きた情報を収集することができます。

⑦営業担当と話ができる

対応してくれた営業担当が、実際にあなたを担当するかもしれません。知識はあるのか、安心して任せられるかどうか、じっくり話をしてみましょう。


一生に一度のマイホームの購入です。絶対に失敗しないためにも、たくさんの情報を集め、まずは自分で実感し、比較しながら慎重に決めるようにしましょう。

ページトップへ戻る