HOME

お役立ち情報

初心者も安心、ガーデニングの始め方

初心者も安心、ガーデニングの始め方

素敵なマイホームを手に入れたら、ガーデニングをやってみたいと考える方もいるはず。インターネットで「ガーデニング」と検索していろいろなサイトを見ると、手の込んだ庭造りを目の当たりにして、初心者でもできるのだろうかと不安になってしまう方もいるのではないでしょうか。

基本を押さえておけば、誰でも気軽にガーデニングを始めることができます。今回は、ガーデニングを行うにあたって必要な道具やポイントをご紹介します。

最低限揃えておくべきガーデニング用品は?

どこで何を育てるかによって揃えるべきガーデニング用品は異なりますが、ここでは最低限用意しておくと便利なものを3つご紹介します。

・スコップ(シャベル)

大きな庭を耕す場合はシャベルが必要ですが、まずはスコップを用意しましょう。スコップは何を育てるにしても、どんな場所で育てるにしても必要になるものです。ステンレス製のものが長持ちしやすいのでおすすめです。

・剪定ばさみ(せんていばさみ)

植物がある程度育ってくると、枯れた花を摘み取ったり、枝を切って形を整えたりと剪定ばさみで手入れする必要があります。また最初に苗を植えるにあたり、ある程度剪定してから植えることもあるので、ガーデニングを行う際は比較的最初の段階から必要になります。

刃の部分が土で汚れたり、水にさらされた場合は早めに布で拭きましょう。錆などの原因になります。また保存する際は、外気にふれないよう、布でくるみます。市販の錆止め油や刃物油等で刃の表面やネジ部分を拭き取って保管するとより良いでしょう。また、切断中に左右にひねってしまうと刃が折れる原因になるので、気をつけましょう。

・じょうろ

どんな植物でも水は必要です。ホースで水をあげる場合、水の勢いが強すぎて土をえぐってしまう、水をあげすぎてしまう可能性があります。水道代の節約にもなるので、ぜひじょうろは一つ購入しておきましょう。できれば水がたっぷりはいるもの、はす目が細かく取り外しできるものがおすすめです。

この他にもガーデニングで必要な物はありますが、まずはこの3つを必ず揃えておきましょう。最近では100円ショップなどで購入できるものもありますので、確認しておくと安く済ませることができるでしょう。

ガーデニングのポイント

ガーデニング用品を揃えたら、次は実際にガーデニングを行ってみましょう。ガーデニングを始めるにあたっては、以下の点を押さえておくようにしましょう。

・寄せ植えは初心者には難しい

ベランダでガーデニングを行う場合、寄せ植えを行うことがよくあります。寄せ植えとは、一つの土に複数の植物を植えることを言います。一つのポットからさまざまな花が咲き乱れるさまはとても美しいですが、初心者には意外と難しいものでもあります。

栄養が各植物にうまく行き渡らず、一つだけ枯れてしまったり、ひどい時には全滅させてしまったりすることもあります。できれば、寄せ植えは少しガーデニングに慣れてきてから行うことをおすすめします。

・最初に庭のイメージを持つ

花を植えたいのか、木を植えたいのか、はたまたゴーヤなどでグリーンカーテンを作りたいのかによって、ガーデニングの方向性は変わります。最終的にどんな庭にしたいのか、どんな植物を植えたいのかを考えてみましょう。自ずと植える植物の種類や植える位置なども決まってくるはずです。

無計画なガーデニングではきれいな庭は生まれません。まずはイメージでいいので、自分がどんな庭を作りたいのかを考えてみましょう。

・日当たりを知る

水とともに大切なのが日当たりです。日当たりによって、植物の成長具合は変わります。まずは、庭の日当たりを確認することが大切です。

素晴らしいガーデニングになるように、しっかり準備して臨むようにしましょう。

ページトップへ戻る