HOME

お役立ち情報

知っておくと便利なシステムキッチン収納術

昨今のシステムキッチンは、収納を多くとっているものが増えています。これまで以上に収納できるとはいえ、必要なものだけをきちんと収納することが使いやすさにつながります。ここでは、便利なシステムキッチンの収納術についてご紹介します。

システムキッチンを有効に使うには

システムキッチンをより便利で使いやすくするには、まずはその設置場所から考えましょう。キッチンは大きく分けて、コンロを設置する「火のエリア」、「調理をするエリア」、シンクなど水回りの作業をする「水のエリア」に分かれます。

調理をする際は「調理エリア」を最もよく使い、水、火のエリアは交互に使う事が多いでしょう。従って、調理エリアを中心にその他のエリアや家電も配置したほうがいいのです。

I型のシステムキッチンの場合、真ん中に調理エリア、奥に火のエリア、入り口付近に水エリアがつきます。L型も同様に、奥が火のエリア、手前に水エリア。Ⅱ型の場合は、壁側に火のエリアがつきます。

まずは調理時の導線を考えてキッチンを設置し、その他の家電などを配置するといいでしょう。

道具を厳選する

道具をたくさん収納すると、取り出しにくかったり、どこに何があるかが分からなくなってしまいます。まずは必要な道具だけを収納に入れ、使わない道具はキッチンに置かないようにしましょう。

道具を厳選したら、次は収納場所を決めます。基本的には使う場所の上下の収納に入れるようにします。水回りで使う布巾やたわしなどはシンクの下、火のエリアで使うやかんやフライパンなどは、火のエリアの下に入れます。また、キッチンの下の収納は引き出しタイプであることがおすすめです。かがまなくても一目で何があるかが分かるので、調理中に探す手間が省けます。

基本の収納術

収納の基本は、よく使うものを手前に、使用頻度が低いものは奥にしまう事です。配置がイメージできれば、探さなくてもどこに何があるのかが分かります。毎日使うからこそ、自分なりの配置ルールを定めて収納することが大事なのです。

さらに分かりやすく収納する

システムキッチンの容量はかなり大きく、引き出しひとつで多くのものが収納できます。引き出しの中で道具を探す手間を省くため、ブックエンドや突っ張り棒などで仕切りを作り、上から見て一目でわかるような配置づくりにしましょう。

システムキッチンの収納は奥ゆきがあり、奥のものが取りにくくなってしまう造りになることもあります。そういった時に役立つのが、透明のケース状のブックエンドです。ケース状のブックエンドであれば、小さな小物をまとめて収めることができ、取り出しも簡単です。

鍋やフライパンなどの大きなものから、箸置きやコースターなど小さなものまで上手に収納して、快適な生活を送りましょう。

ハウスクエア横浜出展社の事例紹介

旭化成ヘーベルハウス

<旭化成ヘーベルハウス>

http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/index.html/

シンク下は便利なゴミ置きスペースです。

アキュラホーム

<アキュラホーム>

http://www.aqura.co.jp/exhibition/kanagawa/yokohama/

奥様の利用される空間(キッチン・洗面所などへの)の収納量は、近年ご要望が多くなってきております。

しかし、作っただけでは使い勝手がいいわけではありません。奥様の家事動線に配慮した収納スペースをご提案しております。

住友林業ホームテック

<住友林業ホームテック>

http://www.sumirin-ht.co.jp/

食品庫を設ける際、広い方が便利と思いがちですが、パッと見てひと目でどこに何があるのか分かるのが一番良いでしょう。

棚板の奥行きは20センチ程度あれば十分です。また、目線より高い位置に棚があってもしまいにくく、取り出しにくくなります。

棚板を設置する場合は、奥さんの目線の高さ以下で腰の高さ位までで計画をしましょう。腰より下には、重たく大きな物が置けるように余裕を持たせましょう。

ページトップへ戻る