HOME

お役立ち情報

失敗から学ぶキッチン選び

システムキッチンはさまざまな種類があります。種類が多いからこそ、キッチン選びで失敗してしまうケースがあります。今回は失敗から学ぶ、システムキッチン選びについてご紹介します。

ケース① 通路スペースが狭くなってしまった

「新しいシステム収納は、とにかく大容量のものがいい」と思いがちですが、システム収納の奥行きが大きすぎて、キッチン部の通路スペースが狭くなってしまったというケースがあります。このような事にならないために、どれくらい収納スペースが必要なのかを事前に考えましょう。

ケース② 高すぎたウォールユニット

調理スペースに余裕を持たせたいので、キッチン上部のウォールユニットを高めに設計した。その結果、台を使わないと取り出せず、大変不便になってしまったというケースがあります。

ウォールユニットの配置する高さは、利用者によって異なります。基本は目線のやや上、手を伸ばして奥のものが取り出せる位置が理想です。ただ、調理スペースの高さに余裕を持ちたい場合、さらに高い位置の設置が必要です。そういった時に使いやすいのが、昇降型のウォールユニットやソフトダウンのウォールユニットです。

昇降型のユニットであれば、高い位置に設置してあっても目線の高さまで下がりますので、奥のものも楽に取る事ができます。さらに、ソフトダウン型のユニットであれば、目線の高さまで下がるだけでなく、ユニットが手前に降りてくるので、より取り出しやすくなるでしょう。

ケース③ 家電の位置が気に入らない

憧れのシステムキッチンを買ったのに、調理スペースから冷蔵庫の位置が遠く、移動しなければ材料を取れないケースがあります。

優れたシステムキッチンを購入しても、周りの家電とも調和しなければ意味がありません。システムキッチンだけで調理するわけではないので、必ず事前に他の家電との配置も考慮しておくべきです。

配置の基本は、コンロなどの火エリア、シンクなどの水エリア、冷蔵庫、炊飯器、食器などの収納エリアを四角形で結び、四角の中で作業できるように配置することです。この四角形の辺は約1.2m~1.8mが理想です。

広すぎると取るときに移動しなければならず、狭すぎるとスペースが狭くて作業がやりづらくなってしまう可能性があります。まずはキッチンスペース全体の広さを把握し、この中で配置できるキッチンや家電をそろえるべきです。

また、冷蔵庫から食材を取って水で洗うことを考え、冷蔵庫とシンクは対面に配置する。火を使って調理してからお皿に盛るので、コンロと収納は対面と言った形で配置すれば、スムーズに作業ができるでしょう。


失敗しないためにも、事前に入念に失敗例や口コミを参考にしてみてください。

ページトップへ戻る