HOME

お役立ち情報

バリアフリーを意識した間取りの考え方

バリアフリーという言葉を聞いて、どのような事を思い浮かべるでしょうか。スロープや手すりといったアイテムを想像すると思いますが、バリアフリーの根本は設計方法にあります。

今回は、介護が必要な方に優しい住まいの造りや間取りをご紹介します。

効果的に手すりをつけて、無駄のないバリアフリー設計に

バリアフリーの基本となる「手すり」。設置位置には十分こだわり、意味のあるものにしましょう。

まず、基本の高さですが、手すりを要する方が立った時の手首の位置に取り付けるようにします。低すぎると体勢を低くしなければならず、かえって負担になり、高すぎると体重をかけにくくなってしまいます。まずは最も利用する人の手首の位置を測り、基本となる高さを決めましょう。

次に、設置する場所です。姿勢を変えるところに優先して設置しましょう。つまり、階段やトイレ、浴槽です。階段は先ほど計測した基本の高さが段差に合わせて一定になるように設置します。基本の高さは恐らく70㎝前後の高さになるので、階段の角度に合わせて常に70㎝前後になるようにしましょう。

また、トイレの場合は、正面と側面の2パターンがあり、いずれも基本の高さを推奨します。側面にL字型に設置する場合は、便器の先端から30㎝程度前にLの角の部分がくるようにするとよいでしょう。座る際は縦の垂直の部分を掴み、立ち上がる際は水平の部分に寄りかかって立ち上がる事ができます。

優先度が低い廊下やドア部分も、基本の高さで設置します。ただし、あくまで使い手の使いやすさが重要ですので、使う人とよく相談して設置してみてください。

トイレは出口から近い位置に

バリアフリーを考えた設計を考える際、生活導線を考えて間取りを決めることが基本です。トイレは寝室に近く、玄関から見えないところに配置しているものがいいでしょう。寝ているところから近い方が安心ですし、玄関から丸見えの場所に位置していると外から見える可能性があります。

トイレは壁に面して平行に、横向きに配置すると、車いすでも入りやすくなります。またトイレでは、便器と出入口の距離に気をつけましょう。トイレに入ったはいいけど、座るまでに苦労しないよう、出口とトイレは近い造りにすべきです。トイレは生活上必須な場所です。だからこそ、使いやすい造りにしなければならないのです。

段差をなくす

スロープなどで段差をなくして、フラットな高さにすることも重要です。特に生活導線となる通路に段差があると、足腰に負担がかかりやすくなってしまいます。

まず基本事項として、安全なスロープは、2.5㎝の高さに対して30㎝の長さが必要とされています。これは、傾斜8.33%となる無理のない勾配を作るためで、高さに応じて長さも変えなければなりません。

スロープが必要な場所ですが、基本的には外と中をつなぐ部分です。場合によっては、ドア枠下の段差もなくすよう、なだらかな坂をつける場合もあります。スロープを利用する人の導線はできるだけ直線で短い方がいいでしょう。長い廊下や階段を通らなくても、寝室やトイレなど必要な場所に行けるような間取りにしてみてください。

誰もが暮らしやすい住宅であるために、生活導線を考えて間取りを決め、段差が少なく移動しやすい造りにすべきです。

ページトップへ戻る