HOME

お役立ち情報

バリアフリーにする際、確認すべき設備

住宅のさまざまな場所や部屋にも、バリアフリー設計が可能です。ここでは、バリアフリー設計が必要な部屋や設備に関して、確認すべき点をご紹介します。

浴槽

導線の確保が最重要です。特に洗面所に洗濯物などが散乱していると、使いにくく危険です。洗濯物やその他の生活用具は低い位置に置かないようにすべきです。例えば、洗濯機の上にラックを設置したり、サニタリー収納を使ったりなど工夫するといいでしょう。

また、浴室は水回りなので洗面所との間に段差ができてしまいます。この段差をできるだけ低くできれば、つまずいてしまう心配もなく使う事ができるでしょう。最近では三枚引き戸で広く大きな入り口で、段差がない浴室も設計が可能です。

浴槽に入る際は姿勢を大きく変えなければなりません。解消法としては、浴槽の高さを40㎝以下に設計します。そこに手すりを一つつけるだけで楽に浴槽を出入りすることができます。

トイレ

浴室と同様、トイレも生活には欠かせない場所です。体勢も大きく変えなければならないので、バリアフリー設計にするなら注意が必要です。

バリアフリー設計を考えた場合のトイレの形状は必ず洋式でなくてはなりません。和式は足腰にかかる負担が大きく、お年寄りの方には向いていません。必ず洋式の便器を用意しましょう。

また、体をしっかりと支える手すりが必要です。手すりの位置は便器の正面に横向きに設置し、手でつかまりながら座れるようにするか、便器と並行に側面の壁に設置する方法があります。いずれにしても高さは地面から70㎝程度が理想です。

玄関

玄関で最も注意すべきポイントは、「段差」です。段差はバリアフリー設計にする際、なくさなければなりません。従って、地面にできるだけ近い高さを設定します。

もしも玄関に段差がある場合は、スロープを入り口に設置しなければなりません。スロープは車いすの利用だけでなく、階段が苦手なお年寄りの方にもいいでしょう。また、玄関の広さは車いすが出入りできる幅(約75㎝以上)を取るようにします。車いすが入れるだけでなく、その場で回転できるスペースがあればなおいいでしょう。

また、框(かまち)と呼ばれるドアの枠の段差もなくさなければなりません。下の部分だけでなく、側面の凸部分も出入りの邪魔になる場合があるので、枠が極力小さいドアが好ましいでしょう。

居間

「居間」では、段差をなくすだけでなく、周りの部屋との導線にも注意して設計しましょう。居間から他の部屋に行く導線はできるだけ短く、部屋の中心に位置したほうがいいでしょう。トイレ、キッチン、寝室などに短い距離で行けるようにするとよいでしょう。また、寝室とトイレは近い方が頻繁に行き来するため楽になります。

また、居間では車いすの方も高齢者の方も同じようにくつろげるよう、広めに設計します。カーペットやマットのような小さな段差でも、車いすの方は不自由に感じてしまうので、できるだけフラットな状態の方がいいでしょう。

照明

照明のバリアフリー化も重要です。高齢者の方は色の見え方が違うので、見やすい色味の照明にする必要があります。

高齢者は私たちと違って、黄色っぽく見え、木目や茶色のフローリングが見え難くなります。そうならないために、照明のまぶしさを抑えた白っぽい照明にして、色を正しく見せる必要があります。

さらに、明るさが変化した場合も見えかたが大きく変わります。できるだけ住居内の照明の色味は均一に、白い光を取り入れるようにしましょう。

ページトップへ戻る