HOME

お役立ち情報

バス・トイレまわりの収納

住宅の汚れやトラブルの原因の多くは、トイレやお風呂などの水回りにあります。水回りをキレイで清潔に保っておけば、住宅を長く大事に扱えて、清々しく生活を送る事ができます。

ここではお風呂、トイレの収納方法についてご紹介します。まずは水回りの収納を整然と保つことから始めましょう。

使う道具・使わない道具を選定する

トイレやお風呂は生活上欠かせない場所ですが、スペースが比較的狭く、快適に使うためにはちょっとした工夫が必要です。

まずは使う道具と使わない道具を分けて、使う道具のみを出しておき、必要のないものは棚や収納にしまいましょう。例えば、買いためておいたトイレットペーパーやトイレの洗浄剤、排水管の掃除用具や、買い置きしたシャンプーや入浴剤は常時必要なものではありません。目につかない場所にしまい、必要な時にだけサッと取れるようにしておきましょう。

また、収納スペースがないときに便利なのがコーナーラックや吊り下げ用のフックです。スペースが狭い部屋だからこそ、少ない面積を有効に使わなければなりません。縦に長いコーナーラックやトレー、壁にフックを取り付けてカゴをぶら下げれば、狭いスペースでも邪魔にならず有効に使うことができます。

ブラシなど日々使うものはあえてしまわない

トイレやお風呂を清潔に保つためには、やはり日々の手入れが必要になってきます。何でもかんでもしまってしまうと、いざ掃除をしなければならない時に億劫になってしまう可能性があります。

そうならないためにも、ブラシや洗剤と言った手入れ用品を手元に置いておくようにしましょう。トイレであれば便器の横や、お風呂であればシャンプーなどとセットでおいておきます。

このように、手軽に掃除ができるようにしておくと、何気なく汚れを見つけた時にサッと掃除をすることができます。掃除を日常化することができて、お風呂やトイレをきれいに使うことができるでしょう。

おしゃれな掃除道具をインテリアとしての利用

トイレやお風呂では清潔感が重要です。掃除用具を目の触れる場所に置いておくと言う事は、せっかくの空間を台無しにしてしまう可能性もあります。

そんな時に便利なのが、機能性ではなく「デザイン」にこだわった掃除道具です。トイレ用のブラシには、猫をモチーフにしたかわいいデザインのブラシや、カラフルで色とりどりなカラーのブラシなど、外見にこだわった商品が多数あります。

お風呂ではかわいいデザインの張り付く洗面台クリーナーや排水溝に置いておくだけで髪の毛などを取ってくれるヘアキャッチャーなどがあります。こういったデザインにこだわった商品を使うことによって、より清潔感を演出することができます。

ハウスクエア横浜出展社の事例紹介

旭化成ヘーベルハウス

<旭化成ヘーベルハウス>

http://www.asahi-kasei.co.jp/hebel/index.html/

簡単なお手入れでキレイを保てる最新のアイテムを多数搭載したスタンダードなバスルームです。

LEDのダウンライト照明により、浴室空間がスッキリした印象になります。







旭化成ヘーベルハウス

動作を邪魔しないコーナースペースを活かした収納など、各種トイレ収納を揃えています。

ページトップへ戻る